歴史を知れば理解も深まる!
スマートフォンの進化について

スマートフォンの産声

スマートフォンがまだ一般的ではなかった1990年代。携帯電話といえばストレートタイプやフリップタイプのものが主流でした。また、今のようなウェブブラウジング機能なども少なくメッセージ機能や通話が中心でした。このような形状はガラパゴスケータイという独自の日本の文化に繋がっています。

では、アメリカではどうだったのでしょうか。1992年にアップルコンピューター社が発表した「アップル・ニュートン」がその端的な進化を表しています。当時の技術力でありながら、手書き認識機能をスタイラス利用して行なっているという画期的なモバイルデバイスです。通信機能を兼ね備えていながら、このような高機能な存在は当時PDAと呼ばれていました。パーソナルデジタルアシスタンツの略称で親しまれていましたが、このアップルニュートンは爆発的なシェアを獲得するに至りませんでした。しかし1997年にアメリカのpalm社が発売した「PalmPilot」はビジネスユーザー以外にも受け入れられました。

このように、日本とアメリカは携帯電話の進化としてのスタートラインから違うということが言えます。そして、その違いこそがその後の携帯電話業界に大きく影響しているとも解釈できるのです。