歴史を知れば理解も深まる!
スマートフォンの進化について

スマートフォンとは

スマートフォンと聞いてその存在を知らないという人は少ないでしょう。しかし、その由来について説明できる人はどれくらいいるのでしょうか。スマートフォンとは、オペレーションシステムを搭載している携帯電話のことを指します。そのため、パソコンに近い機能を有し、ウェブブラウジング、ソフトウェアアプリケーションを使用することが出来るということが大きな特徴として挙げられます。そのため「賢い電話」という意味の名前を持っているのです。

さらに、スマートフォンの台頭により今までの携帯電話の呼び方にも変化が見られています。たとえば、通話機能にのみ特化したものは「ベーシックフォン」と呼ばれるようになりました。また、通話以外にもカメラ機能や通信機能が搭載しているものの、オペレーションシステムが搭載されていないものに関しては「フィーチャーフォン」と表記されることが多く、明確な区分けがされているという特徴があるのです。

スマートフォンとはオペレーションシステムを搭載している携帯電話のことです。そのため、携帯よりも賢くパーソナルコンピューターのような働きを持っています。このことから他の携帯電話もそれぞれ呼び方が変わったという事実があるのです。