歴史を知れば理解も深まる!
スマートフォンの進化について

スマートフォンの進化

今や日常生活で有効に使われていることが多いスマートフォン。その由来とはパソコンに近い機能を持っていることです。こちらのサービスはOSを積んでいることが影響しています。また、スマートフォンが登場したことによって通話機能のみのものを「ベーシックフォン」、通話以外の機能を持っているがOSを積んでいないものが「フィーチャーフォン」と分けられるようになりました。

また、このようなスマートフォンが出現する前、日本ではガラパゴス携帯と呼ばれる独自の文化が花開いており、ストレートタイプやフィリップタイプの形状が一般的でした。海外ではアップルコンピューターが開発したアップルニュートンが発売され、その技術の革新性が驚かれました。しかし、商業的な成功には結びついていません。

IBMのSimonはスマートフォンの元祖として誉れ高い名機だと評される歴史的な一台です。しかし、このときにはまだスマートフォンとは呼ばれておらず、1995年にアメリカのビジネス向けの資料で扱われたのが初めてだと言われています。日本ではiモードによってスマートフォンの機能を世界に先立って開発していましたがあまりに独特のシステムだったため、世界中から孤立していたのです。

スマートフォンの歴史を探れば、携帯電話の歴史、さらには発展した進化などを学ぶことが出来ます。スマートフォンについて知りたい人は是非この記事を最後まで読んでください。よろしくお願いします。